階段@佐野H邸

 佐野H邸では、階段がセットされ 
 ました。蹴込板のない階段です。

 1・2段目はTVカウンターの一部  
 でもあります。

 右奥に見える開口部は、玄関。


 階段がセットされたことにより、
 1階と2階や、玄関と手前のリビン
 グ等の、空間のつながりが見えて
 きた感じがします。
 











 階段を昇った正面には、
 ルーフバルコニーに面した
 テラス窓があります。

 白い壁と白い軒天井に光を反射さ
 せて、階段上部をより明るくさせて
 います。

佐野H邸オープンハウス(完成見学会)を5月中旬に予定しています。

大川勇樹建築設計事務所プロフィール


1 クリックずつ それぞれに応援お願い致します。励みになります!
にほんブログ村 住

まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ
 ビジネスブログランキング  人気ブログランキン
| Posted by Yuji Okawa | comments(0) | trackbacks(0) |

着々と進行中@佐野H邸

 昨日、佐野H邸現場へ。

 外壁工事が完了。先日の打合せの白色の
 水切が、取付けられました。
 
 明日あたりから、軒天井の塗装工事が始ま 
 る予定です。色は、白色(日塗工色見本帳 
 N-93)でお願いしています。

 完成に向けて、着々と進行中です。

 

明日は、階段とバルコニーの手摺についての打ち合わせがあります。
 
佐野H邸のお引渡しは、5月末を予定。あと1ヶ月半くらいになりました。
足場が取れるのが、4月中旬予定。現場を訪れるのが、毎回ホント楽しみです。

今回、佐野H様にお会いしまして、ご厚意により、オープンハウス (完成見学会)を開催させていただくことになりました。5月中旬を予定しています。

現在住宅の新築等ご検討の方で、興味のある方にぜひお越しいただけたらと思っています。改めて日程等お知らせいたします。また、建物の様子もお伝えしていきたいと思っています。


 
大川勇樹建築設計事務所プロフィール




1 クリックずつ それぞれに応援お願い致します。励みになります!
にほんブログ村 住

まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ
 ビジネスブログランキング  人気ブログランキン
| Posted by Yuji Okawa | comments(0) | trackbacks(0) |

現場@佐野H邸

佐野H邸現場へ。
外壁がほぼ完了。コーキングも丁寧な仕上りで、残りわずかです。

 今日ははじめに、板金やさんと、
 雨樋(軒樋・竪樋)と、軒先などの水切の色  
 について確認しました。

 雨樋の色はシルバー。
 竪樋の支持金具は、同色シルバーで希望 
 する仕様のものが商品設定になかったとこ
 ろ、板金やさんのおかげで、なんとか調達 
 手配できそうです。ありがたいです。

軒先などの水切については、屋根の色(今回「ギングロ」色)と同色はどうですか。とのご提案をいただきましたが、外壁の一部として考えたい方針があったので、白色でお願いしました。


そのあと、大工さんと家具・内部の造作について、
図面と現場・現物を前に、ひとつづつ確認していきました。

こうしたい、こうしてみたい、と考えることを、できるだけ伝わるように、
整理しながら図面に盛り込んでいきます。
必要と考えるときはアイソメ図を入れていまして、
たまに現場の方々に、わかりやすいですね。と言っていただけています。嬉しい!ものです。
詳細などわからないところは、どんどん訊いちゃって教えていただいています。
現場での工務店の方々をはじめ、職人さんの方々とのやり取りは楽しいものです。
今回はボリュームがあったこともあり、夜8時近くになってしまいました。お疲れさまでした。
これから少し大工さんの方で忙しくなりそうですが、どうぞよろしくお願いいたします。



 大川勇樹建築設計事務所プロフィール


1 クリックずつ それぞれに応援お願い致します。励みになります!
にほんブログ村 住

まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ
 ビジネスブログランキング  人気ブログランキン
| Posted by Yuji Okawa | comments(0) | trackbacks(0) |

サクラの様子を見に寄り道@佐野H邸

今日は、佐野H邸現場へ。
天気が良かったせいか、ふと、昨年見て印象深かったサクラは、今は
どんな様子だろうと思い、現場の前にサクラの様子を見に寄り道。
もちろんこれからと、分かりつつも、なぜか見るまでワクワク気分。
地元出身ですが、こんなところあったんだーという発見でもありました。

サクラ並木の後ろには、万葉集にも詠われた三毳山(みかもやま)。


万葉集 第14巻 3424

下つ毛野みかもの山のこ楢のすまぐはし子ろは誰が笥か持たむ
しもつけの みかものやまの こならのす まぐはしころは たがけかもたむ

 「三毳山」と聞くと、この歌を解説する
 高校の時の、椎名嘉郎先生の授業
 を想い出します。

 左は先生の本で、解説だけでなく、
 写真もご自身で撮影されていて、
 大変美しい本です。
 すみません。今、手元にありません。
 歌の内容は、改めて先生の解説で。

 
 
 桜楓社 1986年昭和61年発行





現場では、建具枠取付開始です。
佐野H邸での建具は、
人の出入りのあるところには、上吊りレールの引戸を基本として、床はレール無しフラットとします。
また、人の出入りのないところでは引戸上部にアルミアングル、床にVレールとします。
枠材は、スプルースを使用しています。
改めて、シートラッピング枠にはない無垢材の良さが心地よく感じられました。



大川勇樹建築設計事務所プロフィール

1 クリックずつ それぞれに応援お願い致します。励みになります!
にほんブログ村 住

まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ
 ビジネスブログランキング  人気ブログランキン
| Posted by Yuji Okawa | comments(1) | trackbacks(0) |

佐野H邸 TVカウンター廻り打ち合わせ

3/10 TVカウンター廻りについて、工務店と打ち合わせをしました。

佐野H邸のTVカウンターでは、階段2段目(H=FL+400)が、カウンター天板になります。
TVは、H様ご要望により壁掛けとし、TV廻りをできるだけスッキリ見せるように工夫します。
配線ルート等については、電気担当者と別途打ち合わせ済みです。ここも楽しみです。


 現場では、フローリング張りが   
 ほぼ完了。建具枠取付準備中。
























1 クリックずつ それぞれに応援お願い致します。励みになります!

にほんブログ村 住

まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ
 ビジネスブログランキング  人気ブログランキン
| Posted by Yuji Okawa | comments(0) | trackbacks(0) |

佐野H邸 階段打ち合わせ

今日は階段詳細について、工務店との打ち合わせ。

蹴込板のない階段です。
段板とササラ桁(段板を下から支えるギザギザした形の桁)はタモ集成材、手摺はスチールに黒色塗装の予定です。

佐野H邸において、この階段のある空間は特に大切な場所のひとつとなります。
空間のつながりだけでなく、光や風を受けてどのように見えたり感じられるか、楽しみです。



現場ではフローリング張りが開始。

幅広フローリングで、色味や表面の質感もいい感じです。
当初決まったものがありましたが、H様の英断により、写真のものに。事前にサンプルで確認していましたが、実際張られた状態の方がよりいい感じですよね。

内部色彩計画では、床の肌色系と壁・天井の白色系を基調に、階段手摺の黒色等の濃色でアクセントとし、メリハリをつけていきたいと考えています。
| Posted by Yuji Okawa | comments(0) | - |

佐野H邸 白い外壁

 
佐野H邸の外壁は、窯業系の白いサイディングです。
スクエアな彫り目地による陰影で爽やかな印象です。

今回のサイディングは、H様のイメージに合ったことはもちろんですが、
意匠上とコスト及びメンテナンス的な観点から決定に至りました。

 .汽ぅ妊ング本体の上下辺だけでなく、左右辺も合じゃくりとなっていること。(関連参考
→今回横張りであるが、サイディングどうしの接合部にシーリングが不要であるため、外観上できるだけ一枚の面として見せることができる。また、シーリングの経年変化による打ち替え対策にも有効。(開口部廻り・入隅部、今回は柱形状部にはシーリング使用)

◆ゞ盒駑韻畊法(通気層確保)であること。
→サイディングの固定方法として、釘やビスを使用しないため、外観上・施工上好ましい。
(開口部廻り等一部、金具が使用できない箇所には釘・ビス使用)

I縮未砲蓮▲侫蛋播瀕繊椒札襯侫リーニング機能があるとのこと。
→耐候性に優れることと、親水性によって汚れを洗い流す防汚性に期待。再塗装対策。

現場では、合じゃくりということと、スクエアな目地ということがあり、職人さんには手間をかけていただいています。とても丁寧に進めていただいていて感謝です。ありがとうございます。



ビルトインガレージの天井です。
今回は、ケイカル板の目透かし張り(板どうしを隙間を空けて張る方法で、隙間が目地のように見えています。)です。
外部軒天井もケイカル板の大判を同様の張り方としていますが、大工さんの丁寧なお仕事に感謝です。ありがとうございます。皆さん、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
| Posted by Yuji Okawa | comments(0) | - |

佐野H邸 窓-東面

 
写真左から、
勝手口(採光・通風可能なドア)
キッチンカウンター前の窓(下部ルーバー窓+天井一杯のFIX窓)
ダイニングテーブル前の窓(椅子に座った時の眼の高さに広がる横長窓)

今回、これらの窓は、
.瓮ぅ鵑領面に現れてこないこと、当建物に面した周辺建物からの影響が少ないこと
から、光と風の取り入れ方・窓のプロポーション等について、主に内部側から検討し、決めていきました。キッチンや家具とのバランスも考慮しました。完成時の朝の光が楽しみです。

いつもながら、現場は整理整頓されていて、きれいです。とてもいいことですね。


枠廻り詳細の打合せがひと通りできたので、次回の階段詳細打合せに向けて準備します。
| Posted by Yuji Okawa | comments(0) | - |

佐野H邸 天井


天井下地の野縁組みがほぼ完了。低めの視点からの撮影。

天井は、できるだけプレーンにしたいと考えています。
佐野H邸の照明計画では、空間の中での光のメリハリを考慮しながら、
ダウンライトをできるだけ集中配灯させる方針です。にぎやかな天井面
になって空間がうるさい感じにならないように。配線配管工事も進行中。

来週から外壁工事開始です。佐野H邸では、窯業系サイディング張り。
設計初期段階からのH様のイメージに合った白いサイディングを採用。
9日は、木製建具関係の打合せと、外壁工事開始にあたって張り方等
確認・打合せの予定。

今日、3時の休憩時間には電気の職人さんに缶コーヒーを、工事会社
での打合せでは夕飯を、ごちそうになってしまいました。
ありがとうございました。ごちそうさまでした。
| Posted by Yuji Okawa | comments(0) | - |

佐野H邸 冷蔵庫ボックス

床暖房温水マットの設置位置と、キッチン脇の冷蔵庫ボックスの平面詳細を作図・確認。


冷蔵庫ボックスは、天井まで壁を立ち上げないで、天井の広がりを妨げないようにします。
また、リビング・ダイニング側の面を黒っぽく着色して、白っぽい空間にアクセントとなる面を設けることによって、空間にメリハリを与えたいと考えています。

| Posted by Yuji Okawa | comments(0) | - |

Calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

Categories

Recent entries

Archives

Profile

建築家 大川 勇樹さんの家づくりプロフィール




Feeds

Search

QR code

qrcode